COLUMN

コラム

男性が女性用のシャンプーを使ってもいいの?

男性が女性用のシャンプーを使ってもトラブルになることは少ない

美髪を逃すNG習慣最近は「スカルプケア」という発想も一般的になり、シャンプー売り場に行くと男性用・女性用で、コーナーが分かれていることも珍しくなくなってきました。そこで浮かんでくるのが「一体何が違うの?」なんて素朴な疑問です。また、色々な商品を調べられた方だと「男性が女性用のシャンプーを使うと、毛穴が詰まって薄毛が加速するんじゃないの?」などとおっしゃる方も多いです。

ただ、結論から言うと、シャンプーの男女別でそこまで大きな違いはありません。また、男性が女性用のシャンプーを使っても薄毛が加速するという可能性は限りなく低いです。

シャンプーに使われる洗浄成分はほぼ男女共通

シャンプーの性格を決める一番の決め手は、洗浄成分といわれています。この洗浄成分にどんなものを使うかでさっぱりした洗い上がりか、しっとりとした仕上がりかなどのほとんどが決まります。
シャンプーに使われる洗浄成分は、大まかに石けん・アルコール・アミノ酸の3つに分けられ、この種類で洗浄力が変わってきます。もちろん、頭皮ケアエッセンスやダメージ補修成分、香りなども大切ですが、それはあくまでもシャンプーのサブ機能です。

男性でもマイルドなアミノ酸シャンプーを選ぶのがおすすめ

男性のシャンプー選びのお手伝いをさせていただくとき、重視することを聞くと「しっかり洗える」「洗浄力が強い」「爽快感がある」などの答えがよく返ってきます。男性のお肌は女性のお肌に比べて皮脂の分泌が多いうえ、人前に立つ機会が多いビジネスマンの場合、整髪料をたっぷりと使うことも多いので、とにかくすっきりしたいというわけです。
確かに、男性の肌は男性ホルモンの影響で女性よりも皮脂の分泌は多いです。ただ、仮にシャンプーを毎日しなかったとしてもお湯でゆすぐだけで汚れの8~9割は洗い落とせるといわれているので、毎日洗髪する習慣がある方の場合、洗い方によっぽど問題がない限り、毛穴が詰まって薄毛が加速するというのはかなり可能性が低いことなのです。
逆に、毎日シャワーを浴びてシャンプーをする現代人は、石けんやアルコールなどの強力な洗浄力のシャンプーを使ってしまうと、必要なうるおいまで洗い流してしまい、かえって髪や頭皮のトラブルになる場合があります。そのため、マイルドな洗浄力のアミノ酸系の物を選ぶのが、髪と頭皮には良いと考えられています。

現代の男性に意外と多い、隠れ○○肌

皮脂の分泌が多いので意外かもしれませんが、男性の肌は女性の肌と比べて水分量が少なく、隠れ乾燥肌の傾向が強いといわれています。また、最近はスキンケアに気をつける男性も増えてきましたが、女性のお手入れと比べるとまだまだケアが不十分なことも。
つまり、男性の肌にとっては必要なうるおいを残しつつ優しく洗い上げることは、女性のお肌以上にとても大切なのです。

結局のところ、男女別のシャンプーの違いは、香りや仕上がりの指通りの良さ(男性用はさっぱりした使用感を出すために、メントールを配合したり、爽やかな香りをつけることが多く、女性用は甘い香りやダメージケア成分を多めに配合する傾向があります。)程度です。
シャンプー選びに迷ったら、男性用・女性用のくくりではなく、洗浄成分に着目してみると、お気に入りのものが見つかりやすくなるかもしれません。

follow us!

  • facebook
  • instagram